ひとりで悩まないが合言葉

若者に多い

就職や進学に重なって、新型うつ病を発症する若者が増えてきています。このとき、周囲の協力が必要になってきます。症状をチェックし、できるだけ早めに治療を促すことが、家族からの働きかけとして必要になってきます。

Read More

治療方法を知る

新型うつ病の治療方法についてチェックしていれば、自分で治そうという無謀なことをせずに済みます。新型うつ病の治療方法にはカウンセリングや認知療法が使われ、投薬も大事な治療方針です。

Read More

新しい心の病気

精神面の研究は医療分野でもごく最近研究が進められてきたという事情があります。このため、新型うつ病といった新しい病気もあるのでチェックしていることが大事になってきます。

Read More

状態の変化を見る

病気にはある特定の行動やパターンがあります。新型うつ病は特定が難しい分野ではありますが、気分の落ち込み方がうつ病と同じであるということが分かりやすいチェック項目として挙げられます。

Read More

従来とは違う

うつ病の人に対する対応方法を学んでいる人も多いですが、新型うつ病の対応を改めてチェックする必要があります。通常の対応ではうまくいかないことがあるので、注意が必要なのです。

Read More

多種多様な治療

近頃患者数が増えてきている新型うつに関しての情報が知りたい方はこちらのサイトをご覧ください。原因を知って治療に役立てましょう。

現代人に影を落とす新型うつ

新型うつとは従来のうつ病と若干印象が異なる病気です。 うつ病の主な症状としては、抑うつ症状、気力がわかない、興味が低下するなどの症状があります。 けれど新型うつと呼ばれる症状は、従来のうつ病の症状とは違い、仕事中だけうつになったり、休職中にもかかわらず趣味などの活動は活発であったりと、うつ病の症状に該当しない、けれどもうつ症状があるという難解なものになっています。 社会的には仮病と誤解され理解を得られないこともあり、問題が起こることも少なくありません。 こういう場合には早めに心療内科や精神科を受診し、早めに治療を開始することが大切です。 新型うつは都市部を中心に広がり始めた現代病です。 一人だけで苦しまずに、受診をしてみましょう。

治療方法は多種多様です

新型うつ病の治療は難しいとされていますが、病院で薬物療法やカウンセリングなど治療方法は沢山あります。 快方に向かうためには、これらの両方と共に生活療法を取り入れると効果的とされています。 生活療法とは、日常の生活リズムの改善から始まり、寝食の時間を調え、適度な運動を取り入れることです。 身体を動かして汗をかくことにより、ストレスが発散されます。 過度の運動は必要なく、毎日身体を動かすことが大切なので、家の中の掃除や近所の散歩などでも効果は得られます。 二つの両方により快方に向かっても、再発しやすくもあるので、焦らず無理をせずに自分のペースで治療を勧めることが大切になってきます。 また周囲の人たちは患者を励ます言動は避け、できるだけ理解を示し接することが重要です。

新型うつの症状と原因とうつ病と異なる点

新型うつの特徴は、普段の生活には何らうつの症状が見られないことです。 一般的なうつ病は、今まで興味があったものに対して興味を失ったり、自宅に居ても自室にこもったままという症状があります。 そのため何事に対しても悲観的になり、仕事にも行けなくなるのが特徴です。 しかし新型うつが一般的なうつ病と大きく異なる点は、普段の生活に対して何ら支障が出ないことです。 しかも趣味を楽しんだり、旅行に出かけたりと楽しく過ごすことができます。 ただし新型うつは仕事に対してだけ、うつ病の症状がでる病気になり、そのため仮病や怠け病だと勘違いされることがあります。 そして新型うつには若手の社員がなることが多い傾向があります。 この原因には、ちょっとしたきっかけによって起こっていることがあり、これには職場での嫌な経験がトラウマになって起こっていることが多いです。 それには上司や先輩の注意や叱責などによって、プライドを傷つけられたりすることが原因になっていることがあります。

うつ病に対しての周囲の接し方と治療方法

新型うつは一般的なうつ病と症状が異なりますが、新型うつと診断された時に周囲の人の接し方があります。 それは新型うつもうつ病と同じように心の病だということです。 つまり仕事に対してだけ怠けていたり、仮病を使っているわけではないということです。 そしてうつ病と同じように医療機関で診てもらう必要があり、周囲の理解が大切になります。 特に頑張るという言葉は使わないことが必要で、それは本人も頑張って仕事に行かなければと思っているからです。 しかし頑張ろうと思えば思うほど心身が思うように動かなくなります。 そのため新型うつも医療機関を受診しながら長い目でみてあげることが必要です。 そして新型うつもうつ病と同じように、いつかは出口が見つかることになり、長いトンネルから抜け出すことができます。 それには周囲の協力が大切になり、人生は長いという目でみてあげることが必要になります。

働き盛りの人は、注意が必要です

最近、特に働き盛りの20代から30代を中心に、新型うつ病というものが流行っているのをご存知ですか。この、新型うつ病とは、一般的なうつ病とは異なり、状況を限定して、うつ状態を引き起こしてしまう病気になります。 仕事をしている時にだけ、気分が落ち込むといった症状が出ますので、仕事が終わったり、休日などは普通に活動をする事が出来るのです。ですので、新型うつ病は、より、相手にうつ病であるという事が、解りにくい病気だと言えるでしょう。 特に、この新型うつ病で気をつけなくてはいけないのが、何も知らない人から見ると、単にサボっているだけだと思われる事です。また、仕事をしたくないから、周りに甘えているだけといった、病気としてなかなか認識してくれない所にあります。

ページの上部へ