ひとりで悩まないが合言葉

若者に多い

若者に流行る新型うつ

近年流行の新型うつは若者に良くなる病気の傾向があります。 周囲に気付かれない事が新型うつの特徴で理解され難い病気です。 例えば、新入社員がこの新型うつ病になり、会社を休んでいる場合でもプライベートでは元気なので、同僚や上司などと言った会社の仲間には、理解され難いのです。自分に都合が悪くなるとこの病気が出て、都合が良い場合には元気になります。従来のうつ病とは症状が違う事も理解され難い要因かもしれません。楽しい事や嬉しい事は長続きせず、ガクッと落ち込んだり、気分の浮き沈みが激しいのも特徴です。また、以前より食欲が増加して良く眠れるようになったと食欲の減少や不眠症などになるうつ病の症状とも違ってきます。

特徴を知り、協力しよう

うつ病もそうですが、新型うつも周囲の協力が必要になってきます。 しかし、協力を得るのが難しいのも新型うつの特徴なのです。 新型うつの治療方法の1つとしては、嫌な記憶を取り除く事があります。これは、今まで完璧主義で挫折を知らない人に多く見られる傾向ですので、上司に注意されたなどの少しの刺激でも新型うつになってしまいます。しかし、仕事には注意も必要ですし、1人の社員にだけ特別扱いもできないのが現状です。治療をせずにそのまま仕事をしているとそのうちやる気がなくなってきたり、動作や行動が遅くなったりと能力の低下、記憶力の低下などと仕事に影響が出てきます。 仕事を続けていくのが難しくなりますので注意が必要です。 周囲の気づきや本人の気づきなどで早めにカウンセリングを受ける事をお勧めします。

気長に付き合っていく事が大切です

この、新型うつ病は、まだこれといった治療の対応が決まっていないというデメリットがあります。ですので、うつ病かもしれないと言って、病院に行ったとしても、直ぐに直すことが出来ないのです。 ですので、うつ病だと診断されたら、これ以上悪化させないためにも、物事を深く考えすぎないように心がけることが大切です。中でも、カウンセリングはとても重要になってきます。どんな些細な悩みでも良いでしょう。カウンセラーに気持ちを話す事で、気分転換にもなりますし、どのようにしたらよいのかといった、アドバイスをもらう事が出来ます。 特に、職場でうつ状態が引き起こされてしまう場合には、かなりの期間、治療がかかると思っても良いでしょう。とにかく、新型うつ病は気長に付き合っていく事が大切なのです。

ページの上部へ